PR

【サウナでの水分補給】量やタイミングとおすすめドリンク

サウナのあれこれ

サウナでの水分補給ってどれくらいの量必要なの?

水分補給はいつするのが効果的?

発汗により大量の水分が失われるサウナ。

サウナでの水分補給に関する知識は、まるっとまとめて知っておきたいものです。

この記事ではサウナスパ健康アドバイザーのやまださうながサウナーならば知っておきたいサウナでの効果的な水分補給についてご紹介。

この記事の内容
  • サウナでの発汗量と必要な水分量
  • 最適な水分補給のタイミング
  • サウナでの水分補給にぴったりのドリンクとその理由
  • サウナ後のアルコールの楽しみ方と注意点
スポンサーリンク

サウナでの水分補給の重要性

ただ喉が渇いたときに何か飲み物を飲むというのでは、サウナを安全に楽しむためには不十分。

サウナ浴では特殊な環境で大量の汗をかくため、危険と隣り合わせでもあります。

ですから、量やタイミング、適したドリンクなどのポイントを意識して水分補給をする必要があります

水分補給の量

安全にサウナを楽しむためには、発汗で失われる水分量を意識しましょう。

それを踏まえて必要な量の水分補給をするのが基本です。

<発汗量>1セットあたり300~400mℓ

サウナ浴1セットで十分に発汗したときの発汗量は300~400mℓと言われています。(※1)

500mℓペットボトルの6~8割の量です。

1セットでそれだけの発汗があるわけですから、数セット繰り返すような入り方をするのであれば、大量の水分が身体から出ていくことになります。

<水分補給>3セットなら1ℓ以上

サウナ好きの人は、サウナ→水風呂→外気浴を2~4セット続けて楽しむという方が多いのでは?

1回のサウナ浴では300~400mℓの発汗があるので、十分な量の水分を補給するとすると…

必要水分補給量=[400mℓ]×[セット数]

というわけで…

3セット場合400mℓ×3セット=1.2ℓ

思っていたより多い!!!そんなに飲めないよ!!!

一度に全部飲もうとしなくても、分けて補給できれば大丈夫です。

合計でこれくらいの水分量を補給する必要があるんだ、ということだけ意識しておきましょう。

水分補給のタイミング

水分補給のタイミングもきちんとおさえておきましょう。

水分補給をすべきタイミングは、ずばりこんな感じ!

  • サウナを楽しむ前
  • 各セット間
    例:サウナ水風呂外気浴→水分補給→サウナ水風呂外気浴→水分補給→…
  • サウナを楽しんだ後

これが水分補給の基本です。

特にサウナを楽しむ前の水分補給は重要です。

数セット繰り返す場合、500mℓくらいはとっておきたいところ。

危険な脱水症状を予防するために忘れずにしっかり水分補給をしてからサウナに入ってくださいね!

おすすめのドリンク

サウナに入った際には、汗をかくことで身体から大量の水分が失われます。

汗の成分は、主に水とミネラル。

そのため、サウナでの水分補給には水分と一緒にミネラル分を補給できるドリンクがおすすめです。

  • 麦茶
  • イオン飲料
健康ミネラルむぎ茶
¥2,118 (2024/06/18 03:37時点 | Amazon調べ)
サンドラッグe-shop
¥1,931 (2024/06/19 03:49時点 | 楽天市場調べ)
やまださうな
やまださうな

ポカリスエットのイオンウォーターはポカリスエット公式からもサウナ公式飲料として売り出されていてサウナー人気も高い!

サウナ後のアルコール飲料の楽しみ方

サウナ後にはグッと一杯…いきたいですよね!

しかし、失われた水分量をアルコール飲料で補給しようとするのはNG

アルコールは利尿作用が強く、摂取した水分があまり身体に残らない上、摂取した以上の水分を排出してしまうので水分補給の観点では逆効果なんです!(※2)

サウナ後のアルコールは、汗で出て行った水分を補うためではなく、アルコール飲料以外で十分な水分補給をした上でほどほどに楽しみましょう

サウナ前の飲酒は厳禁です!

アルコールの利尿作用、及び、サウナでの発汗による急激な脱水と血管拡張で、脳への血液循環が保てなくなり意識障害を引き起こすことがあります。(※3)

まとめ

ここまでのまとめです。

  • 発汗量は300~400mℓ/1セット
  • 必要水分補給量=[400mℓ]×[セット数]
  • タイミングはサウナを楽しむ前と後+各セット間
  • おすすめドリンクはミネラルを補給できる麦茶・イオン飲料
  • アルコール飲料は水分補給の観点では逆効果

いかがでしたか?

発汗量については、私自身も初めて知ったときにその多さにかなり驚きました!

特殊な環境で楽しむものですから、身体を守るための知識をきちんと頭にいれて、安全にサウナを楽しみましょう。

参考

コメント

タイトルとURLをコピーしました