【理由と対策】サウナで息苦しいのはなぜ?「長く入れない」を解決!

サウナの入り方

サウナは息苦しい!息を吸うと鼻が痛い!

サウナの暑さが苦手で長く入れない!

息苦しさや暑さによる苦しさを軽減したい!

これらは、サウナに通い出した頃の私が持っていた悩みです。

サウナ初心者の方が持ちやすいこれらの悩み。

実は、理由を知ってちょっとした対策を実践することで、息苦しさや暑さによる苦しさが軽減!

サウナに集中でき快適に長く入れるようになります。

この記事では、サウナ・スパ健康アドバイザーであるやまださうなが、「サウナの息苦しさの理由と、それらを軽減し快適に長く入るための対策」を紹介します!

この記事の内容
  • サウナで息苦しさを感じる理由
  • サウナの息苦しさを軽減する方法
  • サウナに長く入れない理由
  • サウナに快適に長く入れる方法

サウナでの息苦しさの理由と対策

息苦しさを感じる理由

サウナで息苦しさを感じる理由は主に以下の2つ。

理由

【理由1】上部ほど空気が薄くなるから

【理由2】熱気で鼻や喉が痛み、呼吸が乱れるから

1.上部ほど空気が薄くなるから

サウナ室内には高温の空気が充満しています。

空気は高温になるほど膨張するのでその分薄くなり、酸素の量も少なくなります。

これが息苦しさの理由です。

その上、暖かい空気は上にたまります。

座った姿勢では、頭部はサウナ室内でもより高い位置にきますから、息苦しさも感じやすいです。

2.熱気で鼻や喉が痛み呼吸が乱れるから

私自身、実はしばらくの間この悩みを持っていました。

特に嫌だったのが、鼻の粘膜の焼けるようなジリジリとした痛み。

鼻呼吸をすると痛みを感じるので、口呼吸に変えてみると今度は喉が痛い。

こんな風に、呼吸することで痛みやヒリつきなどの苦痛を少しでも感じている場合、自然な呼吸のリズムが乱れます。

そうすると、高温のサウナ室特有の空気の薄さも重なって、さらに息苦しさを感じてしまいます。

息苦しさを軽減するポイント

サウナの熱から鼻や喉の粘膜を守る

温度の高いサウナ室では、熱い空気をそのまま吸い込むことで、鼻や喉の粘膜が刺激されます。

この刺激で痛みを感じ、呼吸のしずらさを感じる人も多いと思います。

この痛みを解消するには、鼻や喉の粘膜にダイレクトに熱気が当たるのを防ぐことが重要です。

息苦しさを軽減する対策

対策

サウナ用マスクやタオルで鼻と口を覆う

これでぐっと呼吸がしやすくなります。

「サウナ用マスク」って何?と思った人も多いでしょう。

「サウナ用マスク」は、サウナ室内で鼻や喉の粘膜を熱気から守り、息苦しさを軽減することに特化した便利グッズです。

「37」濡らして使えるサウナマスク
サウナ用マスクの効果

マスクのフィルターを通した空気を吸う
→吸い込む空気の温度が下がり、鼻や喉の痛みを感じることなく呼吸できる

やまださうな
やまださうな

付けると付けないのでは、快適度にかなり違いが出ます!

ある程度湿度があるとより呼吸がしやすいので、濡らして使っても苦しさを感じにくい設計のものがおすすめです。

¥1,980 (2023/11/12 23:32時点 | Yahooショッピング調べ)

要は、”鼻と口を覆う”ことが重要なので、「サウナ用マスク」はタオルで代用することもできます。

ただ、サウナにいる時間中ずっとタオルをおさえているのは少し大変です。

そのため、頭部も一緒に覆える「タオルの忍者巻き」がおすすめです。

タオルの忍者巻き

濡らして使えるサウナマスクはこちらの記事で詳しく紹介しています↓

タオルで代用したい!という人は是非こちらの記事をチェックしてみてください↓

サウナに長く入れない理由と対策

長く入れない理由

サウナに長く入れない、サウナの暑さが苦手だと感じる多くの理由は、ずばり「のぼせ」です。

理由

【理由】身体より頭部のほうが先に温まり、気分が悪くなる=のぼせを感じるから

サウナ室内では、高温の空気ほど上の方にたまっていきます。

つまり、身体よりも頭の方がより高温の空気にさらされ、先に温まり過ぎてしまうんです。

そうして、身体が十分に温まる前にこんなのぼせの症状があらわれます。

  • 頭がぼーっとする
  • めまいがする
  • 頭痛がする
やまださうな
やまださうな

のぼせは身体の危険サインです!

快適に長く入るためのポイント

サウナの熱から頭部を守る

身体全体をしっかり温めたいからと言って、のぼせを感じたにも関わらず我慢を続ければ、気分が悪くなってしまうことも。

サウナ室内では、できるだけ身体全体を均一に温めるために、熱から頭部を守るのが大切です。

頭部が先に温まり過ぎるのを予防できれば、快適により長くサウナを楽しむことができます。

快適に長く入るための対策

対策

サウナハットやタオルで頭部を覆う

頭が温まりすぎてしまうのを防ぐにはサウナハットがおすすめです。

サウナハットとは、文字通りサウナでかぶる帽子のこと。

素材やデザインは様々ですが、頭部を守るため、耳まですぽっと覆う形をしています。

やまださうな
やまださうな

私がかぶっているこの帽子がサウナハットです!

サウナハットの効果

頭部が温まりすぎて起こるのぼせを予防する
→身体が十分に温まるまで快適に過ごせる

タオルを頭に巻くことで代用することも可能ですがサウナ専用に作られたサウナハットに比べ、断熱性は低く効果は劣ります。

より快適にサウナを楽しみたい方には、やはりサウナハット使用がおすすめです。

ベストな対策まとめ

最後に、ここまで紹介してきた理由と対策のまとめです。

息苦しさの理由と対策
  • 理由:サウナ室内は高温のため空気が薄い+熱気による苦痛で呼吸が乱れるから
  • 対策:サウナ用マスクやタオルで鼻と口を覆う
長く入れない理由と対策
  • 理由:上部ほど高温なサウナ室内で頭が先に温まることでのぼせるから
  • 対策:サウナハットやタオルで頭部を覆う

サウナに行く頻度が低い人や、誰かの付き添いで行く、というような人にはタオルでの代用がおすすめ。

これからもどんどんサウナに行くぞ!という人にはやはり、サウナでの使いやすさ・機能の高さが考えられたサウナハット・サウナマスクなどのグッズの使用がおすすめです。

おすすめのサウナマスク・サウナハットはこちらで紹介しています↓

これまで、サウナで息苦しさやのぼせを感じて楽しめていなかった…という人は是非、サウナで実践してみてください!

きっとサウナがより快適に楽しいものになるはずです♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました